歯を白くするにはどんな方法がある?

たとえタバコを吸わないにしても、カレーやコーヒーなど色素の濃い飲食物を食べたり、磨き残しがあったりすることで歯は徐々に白さを失っていきます。

もう一度白さを取り戻したいという場合、手っ取り早いのは歯科医院で行なう治療です。

白くする方法にはさまざまあり、それぞれ歯へのダメージや費用の面でメリットデメリットがあるので、自分にとっておすすめの方法を選び出しましょう。

歯医者さんでクリーニングして歯を白くする

毎日の歯磨きだけでは落としきれない汚れは、定期的に歯科医院で専用の機械でクリーニングしてもらいましょう。汚れが落ちて本来の白さが取り戻せます。

更に白くしたいというのであれば、ホワイトコートという歯のマニキュアを塗るほかに

  • 薬剤で脱色するホワイトニング・ハイブリッドセラミックスを表面に塗って固めるダイレクトレジンボンディング
  • 表面をほんの少し削ってセラミックを付け爪のように貼り付けるラミネートベニア
  • 表面全体を削ってセラミックを被せるセラミッククラウン

などの方法があります。

順にダメージも大きくはなるものの、憧れの白さを実現できます。

被せたり張り付けたりする方法であれば、たとえタバコのヤニで黄ばんでしまっていても大丈夫です。

審美歯科でのホワイトニングは効果はあるけど保険の適用外

本来の色以上に白くする場合、普通の医院ではなく審美歯科の分野となります。生活に支障が起きて治療をしているわけではないので保険が適用されることはありません。

なので、それなりのお値段がかかることは覚悟しておきましょう。

ホワイトニング専用の歯磨き粉や重曹を使ったり、ホワイトニングペンや専用消しゴムなどを購入することで自宅で行なう方法もあります。

それだと病院で行なうよりはかなり安く行なえます。ただ、効果が短かったり個人差があったりしますし、削りすぎて傷つくなどのトラブルの危険性もあるため使い方には注意が必要です。

生活には影響がなくても黄ばんでいるとコンプレックスを感じて人前で笑顔を見せることもできません。さまざまな方法を試してみてもよいでしょう。

ステイン除去に最適な方法を教えて!

ステイン除去の方法

ステインを除去する方法ですがいくつか存在します。

まずは自宅でも簡単に出来ることとしては、ステイン除去専用グッズを使用することです。

超音波振動とイオンの力によって歯にこびりついた汚れを浮かして除去できるようなグッズが売っています。

薬用のホワイトニング歯磨き粉を使ったステイン除去の方法もある

次に自宅でも簡単に出来る方法としては、ホワイトニング専用の歯磨き粉を使用して歯を磨く方法です。

とくにピロリン酸ナトリウム成分が含まれているホワイトニング専用歯磨き粉は、歯についているステインを浮かせて、浮き上がったところをブラッシングしていくことで歯を白くすることが出来ます。

カルプロックス成分が含まれた薬用ホワイトニング歯磨き粉もあります。

今の電動歯ブラシにはステイン除去機能が付いているものもある

次に電動歯ブラシの除去機能を使用して歯を磨く方法もあります。ホワイトモードという機能はステインを落として、歯を本来の白さに近づけることが出来ます。

音波水流と超高速振動の組み合わせによって、歯の隙間の汚れなどを落とすことが可能です。

重曹でもステインは除去できる?

重曹を使用する方法もあります。重曹は研磨力が強く、歯を白くしてくれます。

口臭を改善するはたらきももっていて、重曹は弱アルカリ性のため酸性の口の中を中和してくれます。

口の中が酸性のときは口臭が酷くなるので、虫歯菌も過ごしやすい環境ということになります。

しかし研磨力が強いので、直接歯ブラシなどにつけて磨いてしまうと、歯を傷つけてしまう可能性があります。

使用する際はペットボトルの水に小さじ1杯程度の重曹を溶かして、うがいする形で使用するようにしましょう。

確実性を求めるなら審美歯科でホワイトニングをするのがベスト

プロの歯医者さんにクリーニングを行ってもらう方法もあります。

歯医者さんでのクリーニングは、歯石除去、着色落としなどを行って、保険内であれば1回3,000円程度で利用することができます。

確実に白くしたい場合はホワイトニングという方法もあります。歯を白くする薬剤を歯に塗布して、専用の機械で光をあててホワイトニングを行います。

1回だけでも効果を実感できますが、白さが元にもどりやすいです。

重曹を使った歯のホワイトニングについて

自分の歯のホワイトニングを行う方法には様々な方法があり、歯科医院や自分の家で行うことになります。

この中で簡単にホワイトニングを行う方法に、自宅で重曹を使って行う方法があります。

黄ばんだりしてしまい白くなくなってしまった歯を白くするために重曹を使用する場合では、直接歯に重曹を付けて磨いていく方法と、重曹の入った水を作りうがいをする方法があります。

重曹を使った歯のホワイトニングってどうやるの?

重曹で歯磨きをする方法では、直接付けることが難しく、上手に磨くことができないため、磨きやすくするためにハッカ油やグリセリンなどと混ぜ合わせてペースト状のものを作ると付きやすくなるため、しっかりと磨き上げることが可能になります。

水を混ぜ合わせるだけでも使うことができるようになりますが、この場合もペースト状になるぐらいの硬さに混ぜ合わせ、磨きやすい状態にすることが重要です。

良く混ぜ合わせたら10分程度そのままにしておき、時間がきたら歯ブラシを使って、全体を磨き上げたら口をゆすいでしっかりと重曹を口に中から出しましょう。

重曹でうがいをする際の注意点

うがいをする方法は、うがい用の水を作るために、500ミリリットルの水に約3グラムの重曹を入れて、しっかりと溶かしたらうがい用の水の出来上がりです。

うがい用の水ができたら、次にうがいをしますが、黄ばんだりしてしまったものを白くすることが目的のため、外出して家に帰った時に行うようなガラガラうがいをするのではなく、口の中に含んで口の奥の方にまでうがい用の水がしっかりと行き渡るように、口の中を行ったり来たりするような感じでうがいを行うことが重要になってきます。

これらの方法で使用する重曹は、炭酸水素ナトリウムや重炭酸ソーダという化学名を持っており、薬として使用したり、家の中の掃除をする時に使ったりされているものです。

性質は弱アルカリ性で環境や人体にも無害なものなので安心して使えます。クレンザーのような研磨作用があるので歯を白くすることができるのです。

注意することは、この方法ではエナメル質の内部に付いてしまった色は落とすことができない点です。

また、油汚れなどを落とすことができる強力な洗浄力と研磨作用があるので注意して使いましょう。

歯のホワイトニングに最適な「ちゅらトゥース」の特徴とおすすめポイント

顔の印象は口元の美しさでかなり変化します。芸能人やモデルは魅力的な外見の人が多いですが、その理由のひとつには美しい白い歯をしているということがあげられます。

美しい外見を保つために努力している芸能人やモデルは歯の美しさにこだわりを持つ人も多く審美歯科などの特別な治療でその白い歯を維持していることも多くなっています。

とはいえ、そうした治療は高い効果は期待できるものの、費用も決して安くはありませんし、結果が出るまでには時間も必要です。

そして自宅で行えるケアの場合も長時間薬剤をつけておく必要もあり、毎日続けるのは難しいと感じている人もあるのではないでしょうか。

より手軽に美しい白い歯を保つのであれば、歯磨きを見直すことも考えてみましょう。毎日歯磨きをしていても、やはり着色は少しずつ進んでいきますが、最近はホームケア用品もとても良いものが登場しています。

歯の白さの決め手はPAA

歯磨き剤は色々な種類が販売されていますが、通販で話題のちゅらトゥースは毎日の歯磨きできれいな白い歯に近づけると口コミでも高い評価を得ています。白さの決め手となっているPAAは歯の表面の汚れに吸着し包み込んではがしてくれます。

そして汚れが再付着する心配もありません。そしてその名前の通りリンゴから見つかったリンゴ酸は着色汚れを落とし、再付着を防いでくれます。

このほかではビタミンCも汚れを落とすのに役立ち、歯茎を健康にする効果も期待することができます。

GTOは虫歯の予防にもなる

さらに新成分であるGTOは虫歯の予防にも役立ちますし、歯肉炎などの歯茎トラブルの防止にも役立ってくれます。

長く薬剤をつけておくなど特別な手間もなく、いつものように一日2回、歯磨きに取り入れていくだけですので、誰にも無理なく続けられるのではないでしょうか。

歯を傷める可能性のある研磨剤も使われておらず、医薬部外品と安全性も高く毎日安心して続けていくことができます。

自宅でのケアはもちろん、外出先でのお口のケアにも役立ててみてはいかがでしょうか。