面接時におすすめのファッション

面接時におすすめのファッション

面接ファッションの定番といえばスーツですが、今はオフィスカジュアルでOKな会社も増えています。

服装は自分の内面をアピールするチャンスでもあるので、印象に残りつつもきちんとした服を着たいですね。

そこで、面接の時に着たいオフィスカジュアル服についてまとめました。

オフィスカジュアルで面接ならジャケットは必須

比較的自由なオフィスカジュアルでも、面接の時はジャケットを着ていったほうが無難です。

色はグレーや紺、ブラウンなどベーシックカラーにしましょう。

ちょっとジャケットにチェックなどの地模様が入っていたりしても「オシャレな人だな」と好印象になりますね。

一般的にオフィスカジュアルはカーディガンやシャツを羽織ってもOKですが、面接は相手への敬意を伝える意味でジャケットを着たいですね。

シャツはさりげなくセンスの良いものを選ぶ

次に、面接する時に面接官は顔の周りを1番良く見ます。

顔の近くに見えるシャツは、かなり面接官から見えると考えましょう。

女性の場合、パステルカラーのシャツを選ぶと優しい印象に、サックスや白を選ぶとテキパキした印象になります。

男性の場合も、白やサックスは清潔感をアピール出来て、チェックやカラーシャツはフレンドリーな印象を与えます。

アピールしたい自分の個性に合わせて、シャツを選んでみましょう。

面接用のカバンは必ずA4の資料が入るものを選ぶ

これはスーツの場合も同じですが、面接にはA4の資料が入るカバンを持って行きましょう。

トートバッグよりも、しっかりファスナーやボタンでカバンの口をカバーできるビジネスバッグが理想ですね。

スーツだと黒のビジネスバッグが基本ですが、オフィスカジュアルなら少しカラフルなものでもOKです。

派手になりすぎない範囲で、自分のセンスをアピールしましょう。

面接用オフィスカジュアルでNGな服装とは?

面接用オフィスカジュアルでNGな服装とは?

そして、やってはいけない服装をチェックしておくのも重要ですよね。

まず、シャツやジャケットがホコリとシワだらけだったり、スカートが短すぎるのはNGです。

パンツがダボダボしていたり、丈が短すぎたり長すぎるのも良くありませんね。

服はフィット感を大切に、シャツやジャケットは丁寧に手入れしておき、肌の露出はなるべく控えましょう。

きれいなシルエットと清潔感が揃っていれば、だいたい相手は好印象を持ってくれますよ。

面接を受ける会社の雰囲気を想像して服を選ぼう

最後に、受ける会社がどういう人を採用したいか想像して服を選ぶのも大事なポイントです。

営業や接客など人と関わる職業なら、フレンドリーで明るい雰囲気のコーディネートを心がけましょう。

技術職やデスクワークの場合、真面目で信頼できそうなコーディネートを考えたいですね。

シャツやジャケットの色ひとつで印象がだいぶ変わるので、何社か受ける場合はシャツやジャケットを買い足しておくのがおすすめですよ。

面接用のオフィスカジュアル服はファッションレンタルで借りてもOK

ただ、面接用のオフィスカジュアル服は1回しか着ない可能性もありますよね。

そんな時は、ファッションレンタルサービスでオフィスカジュアルを一式借りちゃいましょう。

プロがコーディネートしてくれるサービスも多いので、面接の服装を相談することもできます。

月額で1万円以下と値段もリーズナブルなので、面接ファッションは借りても良いですね。

仕事の腕も大事ですが、自分をより良く見せる技術も大切です。面接に着ていく服は大切に選びましょう。

メンズのオフィスカジュアル、ビジネスカジュアルの基本

メンズのオフィスカジュアル、ビジネスカジュアルの基本

10年前なら男の仕事服はスーツでしたが、今の時代は男性もビジネスカジュアルやオフィスカジュアルで働く職場が増えています。

でも「スーツじゃない仕事服って?」と困ってしまう男性が急増中なんですね。

そこで、失礼じゃない、職場で浮かない、メンズビジネスカジュアルとオフィスカジュアルの基本を説明したいと思います。

メンズオフィスカジュアルとビジネスカジュアルはどう違う?

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルという言葉ですが、実はちょっとだけ意味が違います。

オフィスカジュアルは自社のオフィスでお客様を迎える、いわば内勤用の服装です。

対して、ビジネスカジュアルは社外で人に会うための服で、外回りがあるお仕事の服装なんですね。

なので、総務経理やエンジニアなどはオフィスカジュアル、営業職はビジネスカジュアルを着る場合が多いんです。

メンズビジネスカジュアルの必須アイテム

メンズのビジネスカジュアルの基本は、まずジャケットです。

細いチェックが入ったチャコールグレーやブラウンなど、スーツとは違うちょっと洒落たデザインのジャケットがおすすめです。

ジャケットの中は襟付きのシャツが基本ですが、シャツの色やデザインはジャケットに合わせて選んでOKです。

ネクタイが必要な職場ならシンプルな白やサックスのシャツを、ノーネクタイの職場ならチェックなど少し遊び心のあるシャツも良いですね。

パンツはほどよいフィット感があるベーシックカラーのものが理想です。

もしメンズビジネスカジュアルのパンツ選びに迷ったら、黒や紺を選ぶと失敗がありませんよ。

靴は革靴で、ネクタイはジャケットに会うカラーのものを選びましょう。

スーツよりちょっと自由度が高いお仕事服、それがメンズビジネスカジュアルなんですね。

メンズオフィスカジュアルは色んな服が着られる

メンズオフィスカジュアルは色んな服が着られる

メンズのオフィスカジュアルは、ビジネスカジュアルよりもう少しラフな格好も許されます。

ジャケットの下に、襟なしのカットソーやニットを着て良い会社もけっこうあるんですね。

また、ジャケット代わりにシャツやカーディガンを羽織って良い職場も多いんです。

暑い夏の場合は半袖のポロシャツを着ても良いので、スーツよりも断然過ごしやすい格好ができるんですよ。

服装指定がオフィスカジュアルでもパンツとジャケット、襟付きのシャツ、革靴は揃えておきたいですが、後は手持ちの服を合わせられる場合がほとんどです。

ビジネスバッグもリュックでOKな職場も多く、メンズのオフィスカジュアルはかなり自由度の高い格好と言えます。

メンズビジネスカジュアルのレンタルサービスもある

ルールはわかったけど、ビジネスカジュアルはコーディネート考えないといけないから辛い・・・という人もいますよね。

そんな時は、いっそファッションレンタルサービスを使うのと良いんです。

スマホでサービスに登録すると、すでにコーディネートされた服が家まで届きます。

あとは着て出社するだけでオシャレになれるので、とっても簡単なんですね。

服のセンスに自信がない、仕事に集中したいから服を選ぶ時間が惜しいという人は、メンズファッションレンタルサービスを利用してみましょう。

オフィスカジュアルの靴選び

オフィスカジュアルの靴選び

いつもスニーカーで過ごしてきた人だと、オフィスカジュアルの靴選びに困る事ってありませんか?

オフィスカジュアルといえば王道のパンプスですが、選び方を知らないと足に合う靴がなかなか選べません。

そこで、オフィスカジュアルの靴はどんなデザインやサイズ感のものを選べば良いか、情報をまとめたいと思います。

オフィスカジュアル初心者は黒のパンプスを買おう

まずオフィスカジュアル初心者なら、黒のパンプスを買いましょう。

席を選ばず履けますし、どの服にもマッチする万能なデザインなんですね。

黒のパンプスをもう持っているなら、ベージュのパンプスも持っていると便利です。

「黒のパンプスだとちょっと印象が重たいな」という時も、ベージュのパンプスだと優しくまとまります。

まずは黒のパンプス、余裕があればベージュのパンプスがあるとオフィスカジュアルの靴は完璧ですよ。

オフィスカジュアルの靴のヒールは何センチ?

そして、パンプス選びで悩むのがヒールの高さですよね。

特に決まりが無いなら、ヒールは5cmくらいのローヒールがおすすめです。

見た目のキレイさと歩きやすさが両立しているので、使いやすいヒールの高さなんですね。

ヒールに慣れていなくて不安なら、ヒールが4cm以下でぺたんこのフラットヒールパンプスも良いでしょう。

細いヒールはオシャレですが安定感があまり無いので、太めのチャンキーヒールやスクエアヒールのタイプを選んでも歩きやすいんです。

あまりヒールが高すぎる靴は歩きにくいので、自分が動きやすい靴を選ぶ事が大切です。

自分の足にフィットするパンプスを選ぼう

自分の足にフィットするパンプスを選ぼう

ヒールの高さもですが、足にフィットする靴を選ぶのも大切です。

足の長さや外周を測って通販で買っても良いですが、靴は試着して買うのが理想なんですね。

シューフィッターなどのプロでも無い限り、足を正確に採寸するのは難しいんです。

それなら、履いた時に踵と親指の付け根、小指の付け根の位置が靴に合っているか確認したほうが上手くいきます。

パンプスは親指や小指の付け根部分がちょっと尖っているので、試着した時に意識して足を合わせてみましょう。

指の付け根を合わせた状態の時、靴踵部分がパカパカ浮いてくるようなら、そのパンプスは合っていません。

小指と親指の付け根がピタッと合い、踵もフィットしているならそのパンプスは買いですよ。

「あ、このパンプスぴったり!」と思える靴を選びましょう。

オフィスカジュアルの靴は履いていて楽なものがおすすめ

オフィスカジュアルなら黒のパンプスを、歩きやすくサイズがあった物を選ぶのが良いんですね。

毎日8時間以上履く靴なので、念入りに試着して選ぶのが理想です。

親指や小指の付け根が痛くないか、踵部分がカパカパ脱げないか、しっかりチェックしましょう。

職場によってはヒールの高さに指定がある場合もありますが、指定が無いなら踵がぺたんこのパンプスでも大丈夫です。

外回りのあるお仕事だとさらに歩きやすいパンプスが必要なので、たくさん試着して決めるのがコツですよ。

足が痛いと仕事に集中できないので、オフィスカジュアルの靴選びは服以上に頑張りたいポイントですね。

業界によってオフィスカジュアルの基準は違う?

業界によってオフィスカジュアルの基準は違う?

同じオフィスカジュアルという服装規定でも、業界によってその意味が違う場合があります。

ジャケットと襟のあるシャツが必須の業界もあれば、ニットや襟の無いシャツで過ごしてもOKな会社もあるんですね。

自分が就職する会社はどうなのか、業界ごとのオフィスカジュアルのスタンダードを紹介しますね。

お金を扱う業界はオフィスカジュアルの基準が厳しい

オフィスカジュアルの基準が最も厳しいのが金融や保険など、お金を扱う業界です。

何より信用が大切な職業なので、ほぼスーツのような服装が求められます。

一方で、一般的な会社員や公務員、学校の先生だと、襟の無い服やニットでもOKな場合がほとんどです。

特に自由なのがデザイン系やIT系で、カラフルな服やカジュアルな服もOKな職場が多いんです。

同じ業界でも社風が違えばオフィスカジュアルの基準が違うこともあるので、先輩や上司が着ている服をよく見て真似すれば安心ですね。

業界別オフィスカジュアルのスタンダード

それぞれの業界でどんなオフィスカジュアルが着られているのか、気になりますよね。

最初でも少し触れましたが、けっこう業界で個性があるんです。

就職活動の前に、各業界のオフィスカジュアルのスタンダードをチェックしましょう。

金融や銀行のオフィスカジュアルは襟のある服が基本

金融や銀行、証券など、高額のお金を扱う業種はオフィスカジュアルの基準が厳しめです。

襟付きシャツにジャケットが基本なので、金融などの場合はスーツに近い服を選べば間違いないでしょう。

シャツの色も白かサックスブルー、ジャケットは黒や紺、ベージュ、グレーくらいに抑えると職場に馴染みますね。

服装ルールが厳しめの会社だと黒いパンプスも必需品なので、一足は揃えておきたいアイテムです。

保険の営業や伝統あるメーカーなども、オフィスカジュアルの基準が厳しめな傾向にあります。

公務員や一般的な会社員の平均的なオフィスカジュアル

公務員や一般的な会社員の平均的なオフィスカジュアル

ごく一般的な公務員や会社員が着るオフィスカジュアルは、少しルールが自由になります。

襟が無いプルオーバータイプのシャツや、ニットのアンサンブル、控えめであればスカートに柄が入っていても良いでしょう。

一般的な会社で言うオフィスカジュアルは、かなりオシャレが楽しめるという事ですね。

ただ、パーカーやデニム、透ける素材、肌が見えるオフショルの服はカジュアルすぎるので避けたほうが無難です。

デザイナーやIT系のオフィスカジュアルはかなり自由

一方で、デザイン系やIT系の職場のオフィスカジュアルはかなり自由な印象です。

カラフルなスカートやニットがOKな職場が多く、ジャケットのインナーが自由という会社もあるんですね。

ただ服装ルールが緩やかでも、デニムやTシャツ、透ける素材やオフショルはやっぱり避けたほうが無難でしょう。

デザイン系やIT系でも、きちんと感が大切なんですね。

業界に合わせたオフィスカジュアルはレンタルしてもOK

業界によって、同じオフィスカジュアルという言葉でも意味が全然違ったんですね。

ノリで服を買ったは良いけど「うちの職場だと着られないかも?」となったら勿体ないので、きちんとその職場ごとの服装ルールを確認しておきましょう。

ただ、実際に働いてみてはじめて知るような、独自の服装ルールがある職場も少なくありません。

最初は服のレンタルサービスで借りた服で出勤して、その職場の服装ルールを見極めてから買い物する方法だと失敗しませんね。

服のレンタルサービスでお願いすると、業種に合ったオフィスカジュアルを向こうで選んでくれるサービスもあります。

1度プロにオフィスカジュアルをコーディネートしてもらうのも良いですね。

オフィスカジュアルで人気のブランド

オフィスカジュアルで人気のブランド

オフィスカジュアルの服が欲しい、でもどこで買えばいいの?そんな悩みってありますよね。

実は値段もテイストもブランドによって個性があり、自分に合ったブランドと出会うことが大切です。

そこで人気のオフィスカジュアルの服ブランドと、それぞれの特徴を紹介したいと思います。

手入れがしやすくコスパが良いユニクロやGUのオフィスカジュアル服

ユニクロやGUは全国に店舗があり、同じ服を大量生産して売っています。

大量に作ったものを大量に売ると無駄が少なく、1枚ずつの値段が安くなるんですね。

ユニクロで3,980円のパンツは、1万円クラスのものと見劣りしない品質と言われるくらいです。

しかもユニクロは洗濯機で洗えるウォッシャブルの生地や、シワの出来にくいイージーケアのシャツも展開しているのが嬉しいですね。

安い、値段に対して品質が良い、手入れしやすいので、ユニクロやGUは通いたくなるお店ですね。

愛されるコンサバフェミニン服ならナチュラルビューティーベーシック

ナチュラルビューティーベーシックは、コンサバでありながら可愛い、オフィスカジュアルにぴったりのブランドです。

フェミニンで絶妙なカラーのアイテムが揃うので、ベーシックなコーディネートに何か足したい時に覗きたいブランドです。

ナチュラルビューティーベーシックは清楚なテイストなので、男性からの好感度も高いモテ服ブランドと言えます。

20代向けの可愛いオフィスカジュアルはロペピクニック

ロペピクニックはカラフルで柄物も豊富で、20代前半の女の子がときめくブランドです。

デートや普段着向けのコーディネートが多いですが、オフィスカジュアルに使えるアイテムも意外に多いんですね。

「オフィスでも可愛くいたい、できればプチプラがいい」という時に選びたいブランドです。

デザイン豊富でプチプラなアースミュージック&エコロジー

デザインの種類が圧倒的に豊富で、旬のアイテムが何でも見つかるのがアースミュージック&エコロジーです。

「安く流行最先端のコーディネートを揃えたい」と思ったら覗きたいブランドですね。

プチプラなので、オフィスカジュアルのアイテムもシーズンごとに買い替えられるのも嬉しいですね。

同僚に差をつけたい大人はSHIPSのオフィスカジュアル

同僚に差をつけたい大人はSHIPSのオフィスカジュアル

SHIPSはブラウスが1万円超えのちょっと高級なブランドですが、シルエットやデザインの鮮度が一級品です。

一見ベーシックなのに着てみると個性がある、そんなオフィスカジュアルが揃いますよ。

ジャケット類もカチッとしすぎず抜け感があるので、ファッションで同僚と差を付けたい時に選びたいブランドですね。

オフィスカジュアルをレベルアップしたい30代や40代の女性は、ぜひチェックしたいブランドです。

年齢に合う服を探す30代40代にはセオリーやプラステ

セオリーやプラステは、大人の女性をスッキリ美しく見せるシンプルでコンサバなブランドです。

どの服を選んでも好感度が高いデザインやシルエットなので、誰からも愛されるオシャレな自分を演出できます。

「30代、40代になったけど、後輩からイタいファッションセンスと言われたくない・・・」と悩んでいるなら、一度覗いてみたいブランドです。

大人の女性らしいデザインなのに若々しい、絶妙なバランスのコンサバ服が揃いますよ。

自分に合うブランドでオフィスカジュアルの服を選ぼう

コスパやデザインの良さなど、人気のオフィスカジュアル服のブランドはそれぞれに魅力があったんですね。

通販も良いですが、各ブランドのジャケットやシャツは試着して選ぶのがおすすめです。

似合うシルエットのブランドが見つかるとオフィスカジュアルがレベルアップしますし、今後も買い物がしやすくなります。

楽しみながら、自分に合う運命のオフィスカジュアル服のブランドを見つけて下さいね。