面接時におすすめのファッション

面接時におすすめのファッション

面接ファッションの定番といえばスーツですが、今はオフィスカジュアルでOKな会社も増えています。

服装は自分の内面をアピールするチャンスでもあるので、印象に残りつつもきちんとした服を着たいですね。

そこで、面接の時に着たいオフィスカジュアル服についてまとめました。

オフィスカジュアルで面接ならジャケットは必須

比較的自由なオフィスカジュアルでも、面接の時はジャケットを着ていったほうが無難です。

色はグレーや紺、ブラウンなどベーシックカラーにしましょう。

ちょっとジャケットにチェックなどの地模様が入っていたりしても「オシャレな人だな」と好印象になりますね。

一般的にオフィスカジュアルはカーディガンやシャツを羽織ってもOKですが、面接は相手への敬意を伝える意味でジャケットを着たいですね。

シャツはさりげなくセンスの良いものを選ぶ

次に、面接する時に面接官は顔の周りを1番良く見ます。

顔の近くに見えるシャツは、かなり面接官から見えると考えましょう。

女性の場合、パステルカラーのシャツを選ぶと優しい印象に、サックスや白を選ぶとテキパキした印象になります。

男性の場合も、白やサックスは清潔感をアピール出来て、チェックやカラーシャツはフレンドリーな印象を与えます。

アピールしたい自分の個性に合わせて、シャツを選んでみましょう。

面接用のカバンは必ずA4の資料が入るものを選ぶ

これはスーツの場合も同じですが、面接にはA4の資料が入るカバンを持って行きましょう。

トートバッグよりも、しっかりファスナーやボタンでカバンの口をカバーできるビジネスバッグが理想ですね。

スーツだと黒のビジネスバッグが基本ですが、オフィスカジュアルなら少しカラフルなものでもOKです。

派手になりすぎない範囲で、自分のセンスをアピールしましょう。

面接用オフィスカジュアルでNGな服装とは?

面接用オフィスカジュアルでNGな服装とは?

そして、やってはいけない服装をチェックしておくのも重要ですよね。

まず、シャツやジャケットがホコリとシワだらけだったり、スカートが短すぎるのはNGです。

パンツがダボダボしていたり、丈が短すぎたり長すぎるのも良くありませんね。

服はフィット感を大切に、シャツやジャケットは丁寧に手入れしておき、肌の露出はなるべく控えましょう。

きれいなシルエットと清潔感が揃っていれば、だいたい相手は好印象を持ってくれますよ。

面接を受ける会社の雰囲気を想像して服を選ぼう

最後に、受ける会社がどういう人を採用したいか想像して服を選ぶのも大事なポイントです。

営業や接客など人と関わる職業なら、フレンドリーで明るい雰囲気のコーディネートを心がけましょう。

技術職やデスクワークの場合、真面目で信頼できそうなコーディネートを考えたいですね。

シャツやジャケットの色ひとつで印象がだいぶ変わるので、何社か受ける場合はシャツやジャケットを買い足しておくのがおすすめですよ。

面接用のオフィスカジュアル服はファッションレンタルで借りてもOK

ただ、面接用のオフィスカジュアル服は1回しか着ない可能性もありますよね。

そんな時は、ファッションレンタルサービスでオフィスカジュアルを一式借りちゃいましょう。

プロがコーディネートしてくれるサービスも多いので、面接の服装を相談することもできます。

月額で1万円以下と値段もリーズナブルなので、面接ファッションは借りても良いですね。

仕事の腕も大事ですが、自分をより良く見せる技術も大切です。面接に着ていく服は大切に選びましょう。