オフィスカジュアルの靴選び

オフィスカジュアルの靴選び

いつもスニーカーで過ごしてきた人だと、オフィスカジュアルの靴選びに困る事ってありませんか?

オフィスカジュアルといえば王道のパンプスですが、選び方を知らないと足に合う靴がなかなか選べません。

そこで、オフィスカジュアルの靴はどんなデザインやサイズ感のものを選べば良いか、情報をまとめたいと思います。

オフィスカジュアル初心者は黒のパンプスを買おう

まずオフィスカジュアル初心者なら、黒のパンプスを買いましょう。

席を選ばず履けますし、どの服にもマッチする万能なデザインなんですね。

黒のパンプスをもう持っているなら、ベージュのパンプスも持っていると便利です。

「黒のパンプスだとちょっと印象が重たいな」という時も、ベージュのパンプスだと優しくまとまります。

まずは黒のパンプス、余裕があればベージュのパンプスがあるとオフィスカジュアルの靴は完璧ですよ。

オフィスカジュアルの靴のヒールは何センチ?

そして、パンプス選びで悩むのがヒールの高さですよね。

特に決まりが無いなら、ヒールは5cmくらいのローヒールがおすすめです。

見た目のキレイさと歩きやすさが両立しているので、使いやすいヒールの高さなんですね。

ヒールに慣れていなくて不安なら、ヒールが4cm以下でぺたんこのフラットヒールパンプスも良いでしょう。

細いヒールはオシャレですが安定感があまり無いので、太めのチャンキーヒールやスクエアヒールのタイプを選んでも歩きやすいんです。

あまりヒールが高すぎる靴は歩きにくいので、自分が動きやすい靴を選ぶ事が大切です。

自分の足にフィットするパンプスを選ぼう

自分の足にフィットするパンプスを選ぼう

ヒールの高さもですが、足にフィットする靴を選ぶのも大切です。

足の長さや外周を測って通販で買っても良いですが、靴は試着して買うのが理想なんですね。

シューフィッターなどのプロでも無い限り、足を正確に採寸するのは難しいんです。

それなら、履いた時に踵と親指の付け根、小指の付け根の位置が靴に合っているか確認したほうが上手くいきます。

パンプスは親指や小指の付け根部分がちょっと尖っているので、試着した時に意識して足を合わせてみましょう。

指の付け根を合わせた状態の時、靴踵部分がパカパカ浮いてくるようなら、そのパンプスは合っていません。

小指と親指の付け根がピタッと合い、踵もフィットしているならそのパンプスは買いですよ。

「あ、このパンプスぴったり!」と思える靴を選びましょう。

オフィスカジュアルの靴は履いていて楽なものがおすすめ

オフィスカジュアルなら黒のパンプスを、歩きやすくサイズがあった物を選ぶのが良いんですね。

毎日8時間以上履く靴なので、念入りに試着して選ぶのが理想です。

親指や小指の付け根が痛くないか、踵部分がカパカパ脱げないか、しっかりチェックしましょう。

職場によってはヒールの高さに指定がある場合もありますが、指定が無いなら踵がぺたんこのパンプスでも大丈夫です。

外回りのあるお仕事だとさらに歩きやすいパンプスが必要なので、たくさん試着して決めるのがコツですよ。

足が痛いと仕事に集中できないので、オフィスカジュアルの靴選びは服以上に頑張りたいポイントですね。