業界によってオフィスカジュアルの基準は違う?

業界によってオフィスカジュアルの基準は違う?

同じオフィスカジュアルという服装規定でも、業界によってその意味が違う場合があります。

ジャケットと襟のあるシャツが必須の業界もあれば、ニットや襟の無いシャツで過ごしてもOKな会社もあるんですね。

自分が就職する会社はどうなのか、業界ごとのオフィスカジュアルのスタンダードを紹介しますね。

お金を扱う業界はオフィスカジュアルの基準が厳しい

オフィスカジュアルの基準が最も厳しいのが金融や保険など、お金を扱う業界です。

何より信用が大切な職業なので、ほぼスーツのような服装が求められます。

一方で、一般的な会社員や公務員、学校の先生だと、襟の無い服やニットでもOKな場合がほとんどです。

特に自由なのがデザイン系やIT系で、カラフルな服やカジュアルな服もOKな職場が多いんです。

同じ業界でも社風が違えばオフィスカジュアルの基準が違うこともあるので、先輩や上司が着ている服をよく見て真似すれば安心ですね。

業界別オフィスカジュアルのスタンダード

それぞれの業界でどんなオフィスカジュアルが着られているのか、気になりますよね。

最初でも少し触れましたが、けっこう業界で個性があるんです。

就職活動の前に、各業界のオフィスカジュアルのスタンダードをチェックしましょう。

金融や銀行のオフィスカジュアルは襟のある服が基本

金融や銀行、証券など、高額のお金を扱う業種はオフィスカジュアルの基準が厳しめです。

襟付きシャツにジャケットが基本なので、金融などの場合はスーツに近い服を選べば間違いないでしょう。

シャツの色も白かサックスブルー、ジャケットは黒や紺、ベージュ、グレーくらいに抑えると職場に馴染みますね。

服装ルールが厳しめの会社だと黒いパンプスも必需品なので、一足は揃えておきたいアイテムです。

保険の営業や伝統あるメーカーなども、オフィスカジュアルの基準が厳しめな傾向にあります。

公務員や一般的な会社員の平均的なオフィスカジュアル

公務員や一般的な会社員の平均的なオフィスカジュアル

ごく一般的な公務員や会社員が着るオフィスカジュアルは、少しルールが自由になります。

襟が無いプルオーバータイプのシャツや、ニットのアンサンブル、控えめであればスカートに柄が入っていても良いでしょう。

一般的な会社で言うオフィスカジュアルは、かなりオシャレが楽しめるという事ですね。

ただ、パーカーやデニム、透ける素材、肌が見えるオフショルの服はカジュアルすぎるので避けたほうが無難です。

デザイナーやIT系のオフィスカジュアルはかなり自由

一方で、デザイン系やIT系の職場のオフィスカジュアルはかなり自由な印象です。

カラフルなスカートやニットがOKな職場が多く、ジャケットのインナーが自由という会社もあるんですね。

ただ服装ルールが緩やかでも、デニムやTシャツ、透ける素材やオフショルはやっぱり避けたほうが無難でしょう。

デザイン系やIT系でも、きちんと感が大切なんですね。

業界に合わせたオフィスカジュアルはレンタルしてもOK

業界によって、同じオフィスカジュアルという言葉でも意味が全然違ったんですね。

ノリで服を買ったは良いけど「うちの職場だと着られないかも?」となったら勿体ないので、きちんとその職場ごとの服装ルールを確認しておきましょう。

ただ、実際に働いてみてはじめて知るような、独自の服装ルールがある職場も少なくありません。

最初は服のレンタルサービスで借りた服で出勤して、その職場の服装ルールを見極めてから買い物する方法だと失敗しませんね。

服のレンタルサービスでお願いすると、業種に合ったオフィスカジュアルを向こうで選んでくれるサービスもあります。

1度プロにオフィスカジュアルをコーディネートしてもらうのも良いですね。