歯を白くするにはどんな方法がある?

たとえタバコを吸わないにしても、カレーやコーヒーなど色素の濃い飲食物を食べたり、磨き残しがあったりすることで歯は徐々に白さを失っていきます。

もう一度白さを取り戻したいという場合、手っ取り早いのは歯科医院で行なう治療です。

白くする方法にはさまざまあり、それぞれ歯へのダメージや費用の面でメリットデメリットがあるので、自分にとっておすすめの方法を選び出しましょう。

歯医者さんでクリーニングして歯を白くする

毎日の歯磨きだけでは落としきれない汚れは、定期的に歯科医院で専用の機械でクリーニングしてもらいましょう。汚れが落ちて本来の白さが取り戻せます。

更に白くしたいというのであれば、ホワイトコートという歯のマニキュアを塗るほかに

  • 薬剤で脱色するホワイトニング・ハイブリッドセラミックスを表面に塗って固めるダイレクトレジンボンディング
  • 表面をほんの少し削ってセラミックを付け爪のように貼り付けるラミネートベニア
  • 表面全体を削ってセラミックを被せるセラミッククラウン

などの方法があります。

順にダメージも大きくはなるものの、憧れの白さを実現できます。

被せたり張り付けたりする方法であれば、たとえタバコのヤニで黄ばんでしまっていても大丈夫です。

審美歯科でのホワイトニングは効果はあるけど保険の適用外

本来の色以上に白くする場合、普通の医院ではなく審美歯科の分野となります。生活に支障が起きて治療をしているわけではないので保険が適用されることはありません。

なので、それなりのお値段がかかることは覚悟しておきましょう。

ホワイトニング専用の歯磨き粉や重曹を使ったり、ホワイトニングペンや専用消しゴムなどを購入することで自宅で行なう方法もあります。

それだと病院で行なうよりはかなり安く行なえます。ただ、効果が短かったり個人差があったりしますし、削りすぎて傷つくなどのトラブルの危険性もあるため使い方には注意が必要です。

生活には影響がなくても黄ばんでいるとコンプレックスを感じて人前で笑顔を見せることもできません。さまざまな方法を試してみてもよいでしょう。