重曹を使った歯のホワイトニングについて

自分の歯のホワイトニングを行う方法には様々な方法があり、歯科医院や自分の家で行うことになります。

この中で簡単にホワイトニングを行う方法に、自宅で重曹を使って行う方法があります。

黄ばんだりしてしまい白くなくなってしまった歯を白くするために重曹を使用する場合では、直接歯に重曹を付けて磨いていく方法と、重曹の入った水を作りうがいをする方法があります。

重曹を使った歯のホワイトニングってどうやるの?

重曹で歯磨きをする方法では、直接付けることが難しく、上手に磨くことができないため、磨きやすくするためにハッカ油やグリセリンなどと混ぜ合わせてペースト状のものを作ると付きやすくなるため、しっかりと磨き上げることが可能になります。

水を混ぜ合わせるだけでも使うことができるようになりますが、この場合もペースト状になるぐらいの硬さに混ぜ合わせ、磨きやすい状態にすることが重要です。

良く混ぜ合わせたら10分程度そのままにしておき、時間がきたら歯ブラシを使って、全体を磨き上げたら口をゆすいでしっかりと重曹を口に中から出しましょう。

重曹でうがいをする際の注意点

うがいをする方法は、うがい用の水を作るために、500ミリリットルの水に約3グラムの重曹を入れて、しっかりと溶かしたらうがい用の水の出来上がりです。

うがい用の水ができたら、次にうがいをしますが、黄ばんだりしてしまったものを白くすることが目的のため、外出して家に帰った時に行うようなガラガラうがいをするのではなく、口の中に含んで口の奥の方にまでうがい用の水がしっかりと行き渡るように、口の中を行ったり来たりするような感じでうがいを行うことが重要になってきます。

これらの方法で使用する重曹は、炭酸水素ナトリウムや重炭酸ソーダという化学名を持っており、薬として使用したり、家の中の掃除をする時に使ったりされているものです。

性質は弱アルカリ性で環境や人体にも無害なものなので安心して使えます。クレンザーのような研磨作用があるので歯を白くすることができるのです。

注意することは、この方法ではエナメル質の内部に付いてしまった色は落とすことができない点です。

また、油汚れなどを落とすことができる強力な洗浄力と研磨作用があるので注意して使いましょう。