歯が黄ばんでしまう理由ってなに?

歯が黄ばんでしまう主な原因は、「ステイン」と言われる着色汚れが代表的です。

コーヒーやココア、紅茶に赤ワインなど、色の濃い飲み物は歯の表面に色素が付きやすいと言えます。

特に見えにくい歯の裏側や間などはブラッシングしても磨き残しの多い部分なので、ステインが残り吸着して黄ばみの原因になります。

また、カレーやキムチ、チョコレートやブルーベリーといった色の濃い食べ物も、食べた後に放っておくとステインが吸着してしまいます。

これと同じくソースやケチャップ、醤油などの調味料も黄ばみの原因になりかねないので、食事をしたり色の濃い飲み物を飲んだ後は、すぐに口をすすぐ習慣を付けて予防するようにしましょう。

喫煙によるニコチンやタールも歯の黄ばみの原因の一つ

また、喫煙によってタバコのヤニの成分であるニコチンやタールが歯に付着すると、黄色っぽく変色したり黒ずんだりしてしまいます。喫煙は歯周病の原因にもなるので念入りなケアをする必要があります。

歯を白くしたいと思うあまり、磨き過ぎによって逆に黄ばんでしまうケースもあります。

歯磨き粉には研磨剤が多く含まれていることがあり、1日に何度もゴシゴシと力を込めて磨いていると、表面のエナメル質が削れて黄色がかった象牙質の層が透けて見えるようになり、黄色く見えてしまうようになるのです。

また、今は歯のホワイトニングに特化した歯磨き粉も多数市販されているので、それらを試してみるのも良いでしょう。

ドラッグストアなどの量販店で購入できるものもありますし、また人気のホワイトニング用品はネット通販専用で扱っているケースもありますので、実際に使っている方の口コミなどを参考に自分にあった商品を探してみることをおすすめします。

歯のホワイトニング用品の参考例:ホワイトニングの教科書|歯を白くする方法のまとめ最新版

虫歯で歯の神経が死ぬことでも歯は変色する

その他、虫歯や外傷などで神経が死んでいる事によって段階的に色が変色してしまったり、金属製の詰め物や被せものが経年劣化で腐食が進み金属がイオンとなって溶けだしてその周りを変色させてしまったり、加齢によって象牙質の色が濃くなって黄色く見えてしまったりなど様々な理由がありますが、それも一つとは限らず複数の要因が重複していることが多いと言えます。

このように加齢によるものや先天的な物のように、自分では防ぎようのない場合以外は、普段のお手入れであったり食事をした後にちょっと気を付けるだけである程度黄ばみの進行を防ぐことが出来るので、ぜひ習慣づけるようにしてみましょう。