オフィスカジュアルの基本

オフィスカジュアルの基本

新しい職場の服装指定を見たら「オフィスカジュアルです」と書いてある事ってありますよね。

しかし、今まで制服や服装自由の職場で働いていた人だと「何を着たらいいの?」と困ってしまうかも知れません。

そこで、オフィスカジュアルとは何か、どんな服を揃えたら良いのかを紹介したいと思います。

オフィスカジュアルとは?

オフィスカジュアルとは、スーツは着なくても良いけどかっちりした服装という、ちょっと曖昧な服装指定です。

会社に来たお客様を出迎えるための服装で、きちんと感が求められるんですね。

外勤向けのビジネスカジュアルという言葉もありますが、オフィスカジュアルは内勤向けの服装なんです。

でも、かっちりした服装というのも、業種やお仕事内容によってちょっと基準が違います。

社風によってはスーツに近い服や襟のあるシャツが必須だったり、一方でカジュアルな服もOKだったり、会社によってルールに差があるんですね。

事前に人事の人や上司に「どんな服装なら良いですか?」と聞いておくと良いでしょう。

オフィスカジュアルでNGな服装をチェック

しかし、オフィスカジュアルは仕事着なので、どの職場であってもカジュアルすぎる服はNGとされています。

Tシャツやデニム、タンクトップ、肩が見えるオフショルのニット、透ける素材などは避けたほうが無難でしょう。

あと、羽織物もパーカーではなくジャケットやカーディガンを選びたいですね。

足元もパンプスを基本に、スポーティーなスニーカーやサンダルは避けましょう。

「これはNG」というアイテムを知っておけば、大きな失敗をせずに済みますね。

オフィスカジュアルで揃えるべき基本アイテム

オフィスカジュアルで揃えるべき基本アイテム

持ってる服がTシャツとデニムしかない、職場で着られる服がない・・・という人も当然いますよね。

オフィスカジュアルをまるごと揃えるなら、最小限どんなアイテムが必要なのでしょうか。

「これだけあればOK!」というものを、紹介したいと思います。

オフィスカジュアルには白いシャツが必須

まず、オフィスカジュアルの代表的アイテムが白いシャツです。

職場の規則や雰囲気に合わせて、デザイン違いで2〜3枚揃えたいですね。

シンプルな襟付きやプルオーバー、リボンタイ付きなど、デザインで遊んでみるのも楽しいですよ。

白以外にも、サックスブルーやパステルピンクを選んでも素敵ですね。

ベーシックな色のジャケットとスカートが便利

そして、ベーシックな色のジャケットとスカートのセットアップも役立ちます。

黒、紺、ベージュ、グレーなど、どの業界でもOKな色で揃えるのがコツですよ。

中のシャツ次第で印象が変わる、テーラードジャケットが特におすすめです。

スカートはタイトやミモレ丈など、カチッと上品なデザインを選びましょう。

ジャケットと同じ布地なら、パンツスタイルも動きやすくて良いですね。

黒のバッグとパンプスはオフィスカジュアルの鉄板

靴とバッグは同じ色で揃えて、最初に買うなら黒が良いでしょう。

どんな服にも合わせやすく、1番きちんと感の出る色が黒なんですね。

バッグのサイズはA4が入るビジネスバッグだと、使い勝手も良く理想的ですよ。

パンプスはとにかく歩きやすいものが良いので、履き比べてから買うのがおすすめです。

オフィスカジュアルは服のレンタルサービスが便利

「でも、全部オフィスカジュアルを揃えるにはお金が足りないな・・・」という時は、服のレンタルサービスを使う方法があります。

月額1万円以下でいろんな服が借り放題ですし、オフィスカジュアルにふさわしい服を選んでくれるサービスも多いんです。

スマホと宅配だけで借りて返せますし、お洗濯もしなくて良いんですよ。

サービスごとの内容はこちらが詳しかったです。 → 洋服レンタルの殿堂

仕事着で困った時は、オフィスカジュアルのレンタルサービスに頼っても良いでしょう

オフィスカジュアルは先輩の服装に合わせると失敗なし!

オフィスカジュアルのベーシックなアイテムを揃えたら、後は先輩たちの服装を見てアイテムを買い足すと失敗ありません。

カラフルなニットやスカート、襟の無いオシャレなプルオーバーシャツなど、先輩が着ているファッションをこっそり真似てみましょう。

オフィスカジュアルは職場に馴染むこと、お客さんから見てきちんと見えることが何より大事です。

そこを忘れなければ、服選びに失敗せずに済みますね。

ぜひ、自分なりのオフィスカジュアルを見つけて、毎日のコーディネートを楽しみましょう。